Shusay Yamamoto site 山本修生
shusay yamamoto 202005
TOP | PROFILE | GALLERY | DIARY | CONTACT | SHOP
       
      2020 05
       
 

2020年05月25日(月)

影響力
自分に影響力”力”がある!と思っているから
「●●は変えられる!」って叫んだり出来るんだろうな…
なんて、思います。 スゴイです。
でも、ソレって誘導なんじゃない?
個々に考える機会を与えるって問題提議なら良いと思うけど
「あいつは●だ!」とか
個人主観の断定話に賛同を求めてたらアカンと思うよ

この世界は個人の”正義”を通したいって欲求で
暴力になっている印象だ




2020年05月24日(日)

昨日から芸能人の炎上話から
SNSについてや個人攻撃についての話をされる方がチラホラ見れた
マウントしたい人はマウントして来るし
そういう輩は無視されるとシツコイ
多分暇なのも原因なんだろうと思う
そんなに他人に構ってられるか
芸能人は人気商売だからやらない手が選択肢に無いんだろうな
そもそもただの個人の意見じゃないか



2020年05月23日(土)

令和2年度富士総合火力演習 (ライブ配信)
三密なのか、ライブ配信で観れるなんて…
よく鍛えられた軍隊。日々の訓練の賜物
日本は軍備費の制限もあって未だに旧式車機を使用していますが
その旧式も魔改造でかなりのアップグレード化していたことに驚き!
他国では全然最前線モノです。素晴らしい
皆様、お疲れさまです



2020年05月22日(金)

”職業”は好きだからなれる…というものではない
好きでないとやってられない!…かもしれないジャンルがある程度
「得意」だからなれるという訳でもない
”文章が上手い”=”作家”になれる訳でもない
”絵が上手い”=”漫画家”になれる訳でも”絵描き”になれるものでもない
なれても続けられないケースも多々ある。いや寧ろそちらの方が多い
動画編集は慣れるとドンドン上手くなるのが判るが
上手いから=面白い、魅力的かというとそうでもないことが難しい
世の中には、ぎこちなくても拙くても魅力的なモノが存在する
存在するからこそ、絶えず”新人”という枠に刺激と魅惑があるのだ
熟練じゃないからこその粗があっても
それを凌駕するほどの新しさの衝撃
他人を魅惑するとはソレぐらい曖昧で、コントロールし辛く
だからこそチャレンジしたい人の心を惹き付けるのだろう

どんな大家や美術専門家に何を言われようが
大衆に人気のある絵師は、それだけで”価値”がある
《人を惹き付ける》”魅惑”があるだけでも才能である
日本には芸術はない!とかフランスとは大違い!とか言う方に言いたい
竹久夢二や赤塚不二夫は進出当時の海外で認められなかったが
国内には熱狂的な支持者やファンが居た
受け入れられるか否かはその国の民度や教養云々とか言う前に
その国の個性と言えないか?
日本は夢二や赤塚不二夫を認める度量もあったと言えないか?
中にはその時代に合わない不遇な者や作品もあるが
他人になんと言われようが自分が好きならそれでイイのだ!

「脱中国」
ダッチューの! (ダジャレです) …だそうです



2020年05月21日(木)

自粛で商品も売れるモノとそうでないモノの明暗が出て来た
余計なモノは買わなくなったってことだろうか?
ソレとは逆にストレスからのネット買いの人も増えたそうだ
「注目されたい」「自己に自信がない」「承認欲求が高い人」も
他人が羨ましがるモノや憧れるモノを所持したがるが
以前より人同士が集まれないステイホームでは
SNSの写真でしかそのアピールも出来ず、その時間も反応も短いので
何度も買っている人と、飽きて控えてしまった人に二極化したらしい
これまでの人生観、生き方を考える時間
「これを機に人は変われるのか?」…こんなキーワードが目立つ
人類は不安感の中にも、常に未来を観ているのだ
なんだか呆れるくらい安心した

フルーツバスケット
ギャグの要素を入れるためのアホキャラなのか…
いや、ストーリー上説明無い状態でもすんなり受け止めるキャラ
拘りも疑問もなく受け止めて、話を進行させるに不可欠な要素
現実的にはあり得ないダメキャラこそが活かせる要素
「藤山寛美」や「寅さん」の喜劇人情劇の手法
アホが人間関係の一番言い辛い部分を的確に言い当てて癒やす
実際には相手の機微を見抜いてないと出来ないからアホではない訳だが
油断する癒やしキャラが一番の肝という設定も日本人は好きなのだ
この作品は漫画と恋愛ファンタジーの皮も被った浪花節だ



2020年05月20日(水)

伯父の苗つくりを2年ぶりに手伝う
昨年は全委託だったのだが、何やら思うことあっての自作復活
今回の手伝いは、従兄に隣の農家の主に伯父の従弟と同級生
僕以外皆さんそれぞれ農家経験者やプロだが
腰に負担のこの作業を”もう慣れた”とは決して仰らない
なんならこれが嫌で引退したと仰る方も居る。それが何故この場に…
皆さん大変なのは知ってるからからこそ僕同様に見過ごせないのだ
苗床のビニールシート張り、昨日の様な強風じゃなくて本当に良かった
一ヶ月後は田植えだ…。 農家は大変なのだ
足腰、わろうス



2020年05月19日(火)

晴れたのはいいが、また風が強い
田舎の風は遮るモノも少なく、弱まらない
特に我が家はベランダの手すりがこの強風のせいで毎回スゴイ音を出す
晴天で強風。日差しが強い台風前後みたいな変な光景だ
全然日本のアニメでは観られない田舎の光景がそこにある
めんどくさい



2020年05月18日(月)

斉木楠雄のΨ難」 (2016)
友人のKさん推薦のギャグアニメ作品だが
2018版のシーズン2は以前観たことがあった
周囲のキャラとの接点から始まるこのファーストも実に面白い
このファーストを知ってからのセカンドはまた癖になる
漫画のギャグはアニメや実写化で途端につまらないパターンが多いが
その多くは読者感覚と映像演出家のタイミングのズレだと思う
しかもナレーションもセリフも同じ温度で神谷浩史に語らせる演出も
ギャグアニメの大家になった横手美智子氏は天才だ
…いや監督が天才なのか
他の映像化されるギャグ演出も彼女がやるべきではと思うほどだ
昨年NETFLIXでの「始動編」の世界配信もすごい!



2020年05月17日(日)

新型コロナの影響で中国の映画会社が5000社も倒産ニュース
制作側も受け入れの映画館も機能不能状態が原因らしいが
当局の厳しさも半端ないらしい
こうなると産業存続には欧米型の自宅で新作を観れる
ネットインフラの普及話になるが
常に管理した情報を流したい側と最新情報は早々には容認し辛い
コロナは中国のタブーにも無関係ではいられなくなって来た
個人的にはハリウッド版「ゴジラ」の影響が気になる

その中国でコロナでの精神疲弊で離婚夫婦が急増
女性経営者など女性の躍進を誇る中国でも
まだまだ女性の社会的地位は低く、離婚は女性にとっての死活問題
それでも離婚に踏み切る背景は、新たな価値観の現れともいえる
日本から見れば一人っ子政策でただでさえ女性の数が少ない中国
これまで女性を蔑ろにして来て困るのは未来の中国だと思う
ま、そのまま独身者が増えるのは”先進国特有”で称号ともいえるが…



2020年05月16日(土)

ラジオで山里氏が妻に言われた一言について
山里亮太、妻・蒼井優‟冷たいツッコミ”...「こんな嫁イヤだ!」
これは全然普通。親しい男女はお互いに対してキツイことは言います
その試練が人間の成長であり、それは親子間でも同じです
コレを問題視して異性に理想を求める側の方々は
前回の岡村隆史女性蔑視発言にも似て
異性と付き合えない方か、無理にも付き合って鍛えて頂いたらと思う
基本他人は人に注意しない。親しいから、期待するから注意するのです
山里氏のこの話は”ノロケ話”であり、全然良い夫婦だという笑い話
問題視する論点が病的な視線であります

絵面的にはカッコいいけど実写的には大変
MadMax Fury Rord」も全方向砂漠での撮影は地獄だったらしい
テレビドラマ「ワイルド7」も全身革ジャンの衣装が大変だったらしい
変身アクタースーツを変身前も後もずっと着ている感覚
半年を通した撮影の真夏日の外ロケは地獄だったと想像出来る
今現在も進行形の「DUNE」もさぞや大変だろうと思う
そのウチ
「もう実写(本当の外ロケ)は体に悪いから…」ってなるかもしれない
そうなるとやっぱり人力、CGじゃない生々しさの評価になる気がする



2020年05月15日(金)

昨日から全国的に徐々に解禁になって来た町の話題
僕は相変わらず後頭部が重いので外出は控えてます
人類は今月に入ってもウィルスについてまだ何もわかっていない
言葉は悪いですが
実験的なモノも含め、恐る恐る、ジワジワと進むしかないです



2020年05月14日(木)

「今日は予定がないから、今日は何をしようか予定を考えよう…」
女友達はこう言った
男友達は
「今日は暇だから、新しい遊びにチャレンジしよう!」と言った
男友達は家電をペンキで塗替え始め、女友達は美容室へ出かけた
何をやっても良いのだけど
女友達は己のスキルにならない無駄を嫌う
男友達は常に”今”で、「今を楽しむ!」に重点を置いている
どちらがダメでどちらが良いという話でもないが
この二人の場合の”時間の価値”には男女差がある
まだ世間は自粛ムード
未来への不安材料が多く、逃避出来ない状態に追い込まれると
男も女も関係なく辛い
なるべく多く【楽しい!】を見つける過ごし方をしよう!


惜しい! 高須幹弥先生
Q「マラソンは老けますか?」
A 「常人がかかる時間をプロは短時間でフルマラソンを走りますよね…」
「そういう方はカタボリックも激しく消耗も多いんで老けますね」
惜しい。短時間で走り抜ける。その分の消費エネルギーも多い…んだったら
普通の人より多い時間を過ごしているから!って言って欲しかった
(加速装置の様に時間を超えて消費しているから…)
「※島村ジョーはサイボーグだから見た目の消耗老化はわかりません」と
「島村ジョーはフランソワーズより若いけど、内面の消耗劣化は激しい」と
…言って欲しかった



2020年05月13日(水)

晴天
ちょっと携帯の動きがあやしい
知らぬ間に電源が落ちている
ボタンを知らぬ間に押したか、バッテリーか
このタイミングにコレだ…
人生はままならない

「ロックはプロレス」
大げさな話ではなく、一見正統派なバンドでも
”魅せる””見せる努力””演出”をしている
昔の歌舞伎と同じく、遠くの客にもわかる動きやアクションを入れる
ただの演奏者もステージに上がるプレーヤーは演者だ
サッカーも野球も上手い人はわかる人にはわかるけど
スタークラスになると、誰にでもわかる動きをしているものだ
何故ならみんなが注目しており、普通の動きでも見逃さないからだ
だからこそ初見でも注目してもらうアクションは大事になる
だってそこにはお金を払って観て貰ってる立場上
次も来て貰いたい気持ちが入ってるのだ



2020年05月12日(火)

みんな平和を願っている…っと思っていました
わざわざ何でもない処にも問題点を作って騒いだり恐怖や脅威を訴える方
ドサクサに決まりや禁止物を作ってる方
警戒しなければいけない時に新たな注意を作って注目させる
「オオカミ少年?」
ソレって、今言わなきゃダメだったの?
みんな苛ついているんだろうな…。限界が近いんだろうな
第二波の話も出始め、人類は何処に着地するのか



2020年05月11日(月)

毎日コロナ話だが
僕自身ずっと軽いインフルエンザみたいな症状が続いている
説によれば、感染者もゆるい症状のまま抵抗力をつけるのがベストで
発症しても重症化する人とそうでない人を一緒にしないこと
日本の今のやり方も間違いではないという話もある
そうなのだ、まだ正解は見えていない
見えてもないのに、他国と違うというだけで騒いでも仕方ない
その他国もまだ収束目安に楽観視は全然出来ていない
僕も感染ではなくただの風邪が長引いてるかもしれないし
まだどれがどれだかもわからない
見えないものは怖いが、見えない相手に怒っても仕方ない

しかし、なんでみんなロクに疑いもせず考えもせず騙されるんだろう
陰謀説は信じるのに、自分の周囲には警戒心が薄い
他人のことを汚い言葉で罵る前に
その情報源が本当なのか自分で確信を持ってその人を叩いているのか?
怖いよ、簡単に人を追い込んだり出来るって
みんな己が凶器になる自覚が足りない
…驚いたのは検察の仕事を理解していない人が多いのに驚いた
検事も検察もただの「公務員」認識しかなかったって点
ま、みんなの怒りは決まりは当然守れ!ってことなんでしょうけど…
検察だけにね…
個人的には「なんで入社は同じなのに辞める時は誕生日なの?」って思う



2020年05月10日(日)

情報は大事だ
大事なこんな時に何故か多いのが「恐怖」と「陰謀」話
「注意」と「現状報告」が一番な時に
他人を信じられない様な不安話に裏で悪巧みをしているらしい話
何故かこんな話ばかりが大きく報道されて
大事な”今”の情報が薄れ、古い情報を持ったままの人が居たり
個人の解釈差が生じている印象がある
わざと撹乱させているのであれば、その情報操作の方が邪悪だ
我々は”ソレ”が本当に今必要な情報のか見極める力も必要だ!

民主国家の戦争責任を一個人の所為にしたり
今回の様なまだ方法もわからない未知なウィルス騒ぎにダメ出ししたり
そんなに他人に偉そうな賢い方ばかりが
何故賢い”今”を選択出来ていない?
それも他人の所為で社会の所為?
貴方がバカだと仰るアイツも貴方も状況はみんな元は同じ競争条件ですよ
人類が本当に愚かなのは”知恵を出し合う”その基本に
参加する前のこの状態が大半だからだと思います



2020年05月09日(土)

雨が降る予報の前に、散歩がてらの買い出しを済ませる
ちょっとストレッチ以上に足腰の調整をする必要が出て来た
昨日、伯父から今年の苗床を作る手伝い依頼の連絡が入ったのだ
田は業者に委託して全部の作業も引退したのかと思っていたら
今年、世間が自粛中の中、田起こしにトラクターを出していたので
何か思うことがあったのか?と勘ぐっていた
やっぱり何か自分でやらねば気に入らない箇所があったのだろう
元気なことは素晴らしいことだが
手伝う僕も従兄弟ももういい歳で腰痛持ちだ
正直に言えば苗床作りは田植えよりキツイ…

ホビーショーやサバゲー関連の動画を観て
このままこの世界の戦争や争いはリアルなモノから
全てがヴァーチャルな産物になるかもしれない…と妄想した
5000発の弾を数秒で使い切る世界。パチンコ屋より銭喰い虫
現実の世界の戦争などの兵器は非効率の極みだ
実在した過去の兵器と想像の最新兵器をゲームとして扱う世界
未来、兵器はそんな仮想世界のモノって認識になれば良いと思う



2020年05月08日(金)

広く人々の声を聴くのが民主主義ではあるけれど
その民主主義を逆手にとって弱者に成りすます悪い人も居る
なぜ悪いことをするのか、それはこの民主主義に反対だからだ
どういう世界が良くてどういう気持ちでこの世界に不満があるのか知らないが
システムに完璧はない
人を差別、区別出来ない!を掲げる世界には盲点が多々生まれる
この世界に反対で嫌いな方々に対して脆いのも民主主義だ
彼らをウィルスに例えるなら、人類としてやっぱり共存するしかないのだけど
ウィルスはたまに暴走することも容認した世界となる
人間が完璧でない以上、人間に模したシステムも完璧ではない
これは進化をする為の必要悪なのだと付き合うしかない
それが嫌なら、主権を人間の手から第三者の”神”に委ねるしかない
AI社会とはそういうシステムだと僕は解釈している
…人類は進化という方法をこれ以上探求することを捨てて
AIという管理下に決めて貰うことを良しとするのか…
当然これにも反対意見は出るだろうが
白黒判断を学習しているAIは民主主義より聞いて貰えない気がする

午後、今朝の7時40分に同業者の先輩が癌で亡くなったと訃報が入った
上京して最初の晩に飲みに出て、一番最初に入った店で出会った
東京で出会った最初の漫画家のお一人だった
栄光な赤塚賞受賞作家でジャンプ連載経験を持っていて
みんなに優しかった夏目けいじさん。ご冥福をお祈りいたします



2020年05月07日(木)

「ビビる?」 …まさかと思っていたが、やっぱり…
コロナ自粛の中、外で遊びたがる輩は
我慢できないとかじゃなく、認識間違いではないかと疑っていたら
「死ぬことにビビらない!」とか、個人の思いだけだった様だ
他人に迷惑をかけるかもって怖さの認識は入っていなかった
義務教育に識字率が高くても、曲解や誤解は絶えない
伝わってない。日本語って難しい
人は見たいモノだけを観て、観たくないモノは観てもいない
情報は大切だが、わかりやすい伝達も大事
余計な私心を入れたりするから本質もズレる



2020年05月06日(水)

本日も晴れで、本来ならば素晴らしいGWだった筈だ

「私達の青春を返して」というJKの話題
昔で言う戦時下の子供にとって大人の都合で自由を奪われた話の様だ
今回も大人の都合かはわからないが
命も含め、時間は予定通りでないし、時世も環境も同じではあり得ない
本来世の中は理不尽でままならないことを思い出すには良い機会だった
みんな平等でもなくスケジュール通りにも行かない世界
平和とはたまたまな奇跡の時間だったことを忘れていたのだ
生き延びよ!
生き延びて、全部過去にしてしまえ!
それが人であり人類だ
貰えるのが当然だと思うな! 全ては無くて当然!
過去を振り返るな!
振り返ってはいけない、振替休日の日



2020年05月05日(火)

こどもの日

天気が良いのに外に出てはいけない妙な世界
今コロナの封印に評価の高い国は厳格な罰則と統制が行われている
日本が自由な国で「強制」しない国ってことが改めて素晴らしい
「強制」は決まりを守れる真面目な方々には有効かもしれないが
「自粛」はまだ自分の決断範囲であり、いつでも外へ出られる余裕がある
これは実に精神的にも救われる
何処かに出たい時にはいつでも出られるという気持ちが希望になっている
嗚呼、早く羽を伸ばしたい! 
とは言いつつ、伸ばしたいが同時に「解禁日」にも注意をしている
必要以上に混雑するのも嫌だし、羽を伸ばしたい人々の道路は危険だ
ソコはズラしたい…天の邪鬼精神も過る
全ては”取らぬ狸の皮算用”
まだ収束もしていないのにもう明けた時の心配をしている…
ああ、精神が結構疲れ始めているのかもしれない
僕は孤独には強い方かと思っていたけど
基地に単身とかの宇宙飛行士にはなれないな



2020年05月04日(月)

みどりの日

ぼる塾の動画に”世代差”感じる話題があった
みどりのオバサン」=ホラー …らしい
確かにそのまんま捉えたら都市伝説のホラーだ
どうやら名称が世代で違うらしい。初めて知った
もう「みどり」も「オバサン」もない、”PTAの人”みたいな曖昧敬称らしい
これはネタじゃなくて、偶然この話の回を観たのだった



2020年05月03日(日)

憲法記念日

また雨になった
先日米国からコロナは日光で弱体化する話が出たばかりで
そのイメージもあってちょっと残念感が強い
本来自然の恵みに差はないのだけど、今日は特に思った

ぼる塾
世間で”明るい平手”と言われる”はるか”とあんり田辺の女性芸人
ネタも良いけど普段の喰ってるだけの仲良い三人の動画も癒やされる
元は「しんぼる」と「猫塾」の2つが合体して出来た三人で
もう一人産育休暇中の酒寄が居て、この4人の動画も楽しそうで良い



2020年05月02日(土)

モニタ兼用で常時使用していたヘッドセットが遂に接触不良になり
ヘッドフォンとマイクを個別にセットし直した
やはりマイクは以前撮影用に購入したピンマイクの方が良さ気だ
突然のテレワークにはちょっとマゴつくかもしれませんが
どんと来い!です

単に高温多湿なのでそういう習慣になったと思うけど
日本の無闇に他人と接触しない文化以外に
コロナ感染が、外から室内へのルートに”床”を注目し
靴を脱ぐ文化にも注目し始めたらしい
来たるべき次世界”アフターコロナ”は日本流が世界基準に…?
いやいや、みんな同じ化は面白くないって!



2020年05月01日(金)

今月初日も晴天、本当なら素晴らしいGWだった筈
ああ、もう5月
今年はこのペースで進むのかと思うとヤバい
一休さんじゃないけど、頭ひねらなきゃ

スウェーデン。国家で免疫療法「ノーガード戦法」実行中
死者が増えても「痛みの無い戦術はない!」で正解なのか
国民が支持しているのならば、それは素晴らしい国家だ
…これでもう暫く各国の鎖国化が長くなりそう

シンガポールの工学設計大学のAIがコロナ収束予測計算
完全な収束日は9月26日(97%が5月20日、99%が6月5日)
日にちまで出るのはデータだから”大体”や”目測”表現が苦手
夏前後が目安か